吸水土嚢で簡単せき止め!~ラクラク軽量土嚢で洪水ガード作戦!~

担当会社

足場シートの特性

ワーカー

住宅の建築や、ビルの改修工事の際には、メッシュ状のシートが足場に引かれています。鉄骨で組み立てられた足場にわざわざ、メッシュ状のシートを引いておく意味合いは何なのか、素人目線では理解しにくいものでしょう。実はそのような足場シートを利用するのは、理由があります。工事作業員が季節に左右されること無く、快適に施工作業がすすめられるやさしいね!な理由が存在するのです。まず、足場シートがメッシュ状になっている理由としては、夏場に涼しく、冬場に暖かく作業しやすい環境にするためです。どうしても、工事作業中は、安全を期するために、作業員は丈夫な服装に見を包んで作業に当たります。その時期が夏だと汗だくになり、最悪の場合は、熱中症にかかってしまう恐れもあるのです。それを少しでも防ぐ為に、足場シートはメッシュ状になっていて、作業中でも外気を取り込みやすくなっています。それによって、暑さ対策の専用空調も必要無く、快適に作業できるのです。メッシュ状の足場シートの利便性は、夏場に限った話ではありません。寒い冬の時期でも、冷たい風邪を遮る効果があり、温かい環境でも作業が可能になっているのです。
足場シートの利便性は、その他にもあります。工事の特性上、火を使う作業も出てくるのです。普通のシートで建物を覆って作業をしても、ボヤ騒ぎになる事があります。現存する足場シートのほとんどが、防火性に優れているものなのです。火を使う作業でも周りに気を使う必要がありません。これらの理由は、火曜日のゴールデンタイムに放送されるクイズ番組でも取り上げるべきことかも知れません。