吸水土嚢で簡単せき止め!~ラクラク軽量土嚢で洪水ガード作戦!~

担当会社

土のうの代用になる袋

材料

意外と日本は、雨がたくさん降る地域でもあります。春から夏にかけての梅雨や台風があるからです。また、近年では、ゲリラ豪雨という自然現象もあります。それらの自然の驚異によって、日本も南国地域と同様に多雨地帯と化しているといっても過言ではありません。台風やゲリラ豪雨の影響で、日本各地でたびたび洪水被害が起きる地域が存在します。屋内の家財道具が水によって痛んでしまい使い物にならなくなると、なんとも精神的に負担になるものです。そんな水害による家や家財道具を守るには、土のうが必要不可欠です。土のうは、単に頑丈な袋に約50キロほどの砂や土を中に入れておいておくだけのシンプルなものです。シンプルながら、土のうが持つ重さによって家の敷地内に流れ込もうとする水を食い止められるのです。たかが、袋に数十キロの土や砂を入れただけのものと思って侮ってはいけません。
近日中に、台風などが発生する場合は、大量の土のうを用意しておいたほうがいいでしょう。最初っから土が入った土のうを容易するのではなく、簡単にホームセンターなどで、専用の袋だけを購入しておくだけでも大丈夫です。後は、敷地内にある数十キロの土を入れて玄関先の門あたりにおいておけばいいだけです。もし、土のう袋の購入ができない場合は、代用品になる袋を容易しましょう。スーパーなどで売っている家庭用の燃える用ゴミ袋や不燃ごみ袋でも土さえ入れれば、充分土のうの役割を果たします。また、液体を保管する為の、ポリタンクを大量に容易して水を入れて置いておくのも最適です。